代表メッセージ

MESSAGE

母犬ナオと私

「美ら島」「癒しの島」「いちゃりばちょーでー」そして「命どぅ宝」など、人情味豊かな沖縄「オキナワンスピリッツ」を表現している言葉が多々あります。
ところが、そのようなウチナーンチュの肝心(ちむぐくる)を疑う事が起きております。

沖縄県動物愛護管理センターにおいて「殺処分された犬」の数は2009年度と2005年度全国ワースト1位!2010年度2位・2011年度3位・2012年度2位・2013年度3位・2014年度3位と→2014年度3位・2015年度3位と全国ワーストスリーに留まると云う、悪しき記録(人口比率)を残しています。

この記録はウチナーンチュの「肝心・志情」を知る、そして測る上で重要な指標だと考えています。
私は動物愛護団体の代表として、また一人のウチナーンチュとして活動を通し「犬や猫たちも命あるもの」と啓蒙し続けております。
いつの日か「真の癒しの島」として犬や猫たちが、住みやすい「心豊かな島」にならんことを・・・。

NPO法人ワン’sパートナーの会
理事長 比嘉 秀夫

■ワン’sパートナーの会代表比嘉秀夫の経歴■

【小児期】~(ガキ大将時代)
那覇市内でも当時有名な山?(現在:大石公園 となる)を庭とし野良犬たちと遊ぶ。初のペットは由緒ある?血筋のシャム猫(名前マリー)でした。

少年野球チームの監督補佐(監督の息子さんは元プロ野球選手)も担った良き時代で、当時のメンバーとは年に1回は集合し当時を懐かしむ。」

【学生時代】
・沖縄県勢を初めて甲子園に導いた恩師2名に憧れ高校球児となるも「背番号」をもらえず終える。

・大学中退まで野球部所属にて野球を楽しむ。
 1年の「大学祭」には東海大(現読売ジャイアンツの原監督も出場)を招いての親善試合に三塁塁審にて参加する。

【社会人】
・陸上自衛隊入隊(普通科部隊) 幹部を目指すも体力の限界を感じ挫折。

・航空会社系リゾートホテル入社(現妻との職場結婚)野球部キャプテンを務める

・大手住宅系リゾートホテル入社

・産業廃棄物企業&協会勤務 総務部長を務める

・上場ゼネコン沖縄営業所長勤務

・投資アドバイザー企業勤務

・専門学校事務局長勤務

 若干省略

2000年県内で活動する「動物愛護団体」より愛犬を迎え入れた縁から、沖縄の犬猫「殺処分」の現状を知りウチナーンチュ(沖縄県民)として深いショックを受ける。
2003年より、その「動物愛護団体」に所属。2007年の1月より「ワン’sパートナーの会」設立に携わり・・・・現在に至る。

酒と音楽をこよなく愛す59歳!
「酒は呑むもの、呑まれるもの」を自論(持論)とする!(笑)

TO TOP